Crown immoral

・年が明けて、多少覚悟はしていたものの、居心地の悪い親戚づきあいが始まる。向こうにいたときのように言葉がわからなければ幾許か楽だったのだが。他人のアドバイスなど毛頭聞く気がない、と宣言するわけにもいかず、ただひたすらに頷くのみ。

・年の離れたいとこが大学で留年をきめたとのこと。経験者としての務めとして、笑い飛ばしてやる。

・生来の意志の弱さのために、今月も稼いだ金のほとんどが一晩もたずに飛んでいく。

カルビーから出てるJagabeeバターしょうゆ味が凶悪なうまさ。気づくと部屋中に立方体の空き箱が複数転がっている。

・年の瀬、ズボンを買いに入ったユニクロで、JW ANDERSONとのコラボのキルティングジャケットに一目で心を奪われる。その場では合うサイズがなかったために、日を改めて在庫のある店舗へ急行し、即購入。服のためにここまで行動するなんて、いつ以来だろうか。お気に入りの装いに身を包むと、やはり気持ちが引き締まる。

・Datacamp、無料分のintroduction to Rを終了。他のMOOCに多い動画中心のレクチャーに比べて、説明文+練習問題の形式がいくらか自分には取っ付きやすい感じ。課金するとすれば次の給料が入ってからか。

・また、こっそりあご髭を伸ばし始めた。

無伴奏チンポ組曲

・就職活動、健康診断の領収書提出、子の保育園申し込み、妻のビザ申請、免許復元の陳述などなど、すべきことすべてを脇において、一人すたみな太郎へ。

・冬服がない。日本へ帰るとき、寒くなる頃までには安定した仕事が見つかっているだろう、という見込みでほとんど夏服しか持ってこなかった。後悔しかない。

・妻への国際送金、手数料の安いゆうちょ銀行でも2500円+現地での10USDの手数料が掛かる。加えて地獄のような円安。妻の手に届く頃にはいくばくも残らず。

・統計の勉強は足踏み中。お試しダウンロードしたPrinceton University Pressから出てる今井耕介氏の計量社会科学の入門本が面白そうなのだが、ペーパーバックでも49USDと、到底手が出ない。市の図書館では入れてくれんだろうなあ。

press.princeton.edu

・カラオケで「誰も寝てはならぬ」と「魔王」歌うと、ちゃんと歌えているかは別として、夥しい量のドーパミンが出ているのがわかる。

電子タバコに興味あり。できるだけ周りに迷惑をかけずに細々と吸い続けたい。

オントロ爺

・確たる目的も無いままRをはじめたが、まだExcelでもできるようなことしかやってない。統計も、入門書はいくつか読んだが、濠の周縁をグルグル回っているだけで、未だ本丸に攻め入れずにいる状態。better than nothing、という感じ。ざっと目を通した限り、ベイズ理論の考え方は非常に興味深い。何かにつなげられたら面白そう。

・過去の停滞も寄り道も後悔する性格ではないが、せめて今二十歳前後だったらな、と珍しく思う。

・雨の中友人の結婚式 at 八芳園へ。良い人に巡り合ったよう。目出度し。新郎からは、お前はヤニだらけの歯をきれいにしたほうがいい、と手厳しい忠告を受ける。お前、よりよって晴れの場で。

・日々の肉体労働の成果、帰国前から約10kg減。幸いなことに、職場環境は悪くないし、身体もまだ壊れていないが、はやく良い仕事を見つけて脱出したいという気持ちが強い。

・週末は2週連続で台風。さんざん××(近くの町)には文化が無い、などと嘯いておきながら、家の中にいたらいたで、何事にも興が乗らず、教養とは・・・と暗い気持ちになる。

・妻、よく我慢してくれている。感謝しかない。

PR (Pubic relation)

・単独で日本帰国。実家に身を寄せ、最初の2ヶ月は今後の生き方について考えながらフラフラと。直近の1ヶ月は某大手流通会社で契約社員として肉体労働に勤しむ。早いところ安定した職について迎えに来てくれ、と妻がせがむ。以前より少し締まった身体を見たら、彼女は何というだろうか。万葉集で詠われた防人のような気分になる。

・海外生活ですっかり失われたと思われた読書習慣は、帰国後1週間足らずで復活した。2週間ごとに図書館に通いつめ、一気に10冊ほどごっそり借りていく。統計や数学の入門の本が中心。しばらくは文芸書は後回し。

・読書とは逆に、向こうで新たに獲得した習慣であるところのカフェ巡りは、日本では、ファミレスのドリンクバーとコメダ珈琲で代替。コメダは価格の高さを除けば、かなり理想に近い。喫煙者としてはドアのある完全分煙がうれしいポイント。さすがに図体のでかいオンボロノートPCを引っ張り出すのは気が引けるので、読書とスマホいじりが主。

・移動のために自転車を購入。6段階の変速つき。約2万円。家族が来たら電動自転車を買わないと。

Just as every cock is a criminal...

・いまだ職なし。妻から私の母へチクリの直電も入り、この年齢にして深刻な怒られが発生中。日本へ帰国することを検討。

・日本から来たお客に連れて行ってもらったお店で、蟹やら海老やら食い散らかしていたら、翌日に甲殻類アレルギーが出て七転八倒。全身に蕁麻疹が出てくるのに加え、風邪のような症状も併発。成人してから発症したから今でも油断しがち。そういえば、はじめて甲殻類アレルギー発症したときは、原因がぜんぜんわからず、HIV感染症じゃないかとビクビクしていたのを思い出す。

・件の「トイレが汚い以外は完璧なカフェ」が閉店してしまった。最後のほうは、ほぼ一日中入りびたりだったから悲しいことこの上なし。

・子は、ようやく語彙が増えてきた。相変わらずベトナム語優勢なのだが、日本語でも意思をはっきりあらわすようになってきた。最近では、父母に不満がある際に、こちらの両頬をはさんで、「お父さん、ごめんなさいは?」と言う。

ナードの朝

・無職生活がいよいよ板についてきてしまった。働きたくないどころか、「本来これが自分のあるべき生活」と思い込むレベル。収入がないことを差し引いても、心の安寧がやばい。妻の心中は大嵐のようだが・・・。

・無職になってから、昼時に一度家に帰って食事を取るとき以外は、基本的に朝から日没までカフェにいてパソコンをいじっている。あまり一つのところだけに入り浸るのも迷惑かな、と考え、複数のカフェをローテーションするのだが、選ぶときの基準がいくつかある。「家からバイクで15分以内」、「電源・Wifiが利用可能」、「喫煙可能」、「壁を背負う(PCの中身が他の客から見えない)席が多い」、「飲み物の単価が安い」、「机の高さがちょうどいい」、「客が少ない」、「トイレがきれい」。最初の4つはマスト。当然、すべてを満たす場所は存在しないため、残りの条件はどこかで妥協する必要がある。

今一番頻繁に出入りしているカフェは、奇跡的に上記のほぼすべての項目を満たしているのだが、トイレだけが絶望的に汚い。女性オーナー(40代)のものと思しき洋服・下着や生理用品がトイレ内に散乱し、石鹸はおろかトイレットペーパーすらも備え付けられていない。ドアの鍵もかからない。小は問題ないが、大の場合にはさすがに戸惑ってしまう。しかし、繰り返しになるが、トイレ以外はほとんど完璧なのだ。

良くも悪くも無職の生活サイクルは安定しており、午前9時前後に決まって大をもよおすのがわかっているため、最近では、朝一番でトイレが(比較的)きれいな近場のカフェで大を済ませてから件のカフェへ移動、というアホみたいなハシゴ方式が確立されつつある。

・子は、同じアパートに住んでいる1歳年上の男児と最近よく遊んでいる様子。この子は英語も上手で、二人でベトナム語英語叫び声を交えながら、ワイワイやっている様子はとても微笑ましい。

大いなる恋愛工学者の猿

・さるインターネットラジオのBGMが、かなり聞き慣れたメロディなのだが、曲名が思い出せずに数時間ほど格闘する、ということがあった。クラシック音楽なのは間違いない、雰囲気は荘厳、バロックっぽい?教会音楽?オラトリオ?いや、誰かのレクイエムだったか?一向に思い出せないため、「鼻歌で検索ができる」という触れ込みのアプリをインストールし、恥ずかしさを忍んでフーンフーン歌ってみるも、まったく該当なし。最終的に、musipedia(http://www.musipedia.org/js_piano.html)という、鍵盤で音符を入力して検索できるWebサイトで、一発解明。ヘンデルのSarabandeか。なお、馴染みがあるのは原曲ではなく、昔よく聞いていたSara BrightmanのSarabandeのイントロ(原曲の一節が採用されている)だった。

・求職活動ゆっくりし過ぎ。妻から急き立てられる。

・子は、知っている言葉(英語)を片っ端から並べてひと塊の文章に見立てて話す、というフェーズに入ってきたようだ。数ある単語の中でも"Halloween"がお気に入りの様子で、必ずセンテンスにぶち込んでくる。こちらが”No, halloween is over!”と返すと、次からは”Haloween is over.”をそのまま文章中に入れてくる。